便利だけど気配りも必要!カタログギフトの特徴を知ってますか?

喜んでもらいたい!カタログギフトのメリットとは?

内祝いや結婚式の引き出物などで、カタログギフトを贈る人が増えています。贈る側が「相手に喜んでもらいたい」と悩みながらギフトを選ぶことから解放してくれるカタログギフトは、便利なギフトとして重宝されています。カタログギフトのメリットとして、先ずリストアップされている豊富な商品の中から、贈られる側が必要性や好みに応じて自分で選べることが挙げられます。同時に選ぶ楽しさも贈られる側にプレゼントできます。

次に軽量でかさばらないカタログは、持ち運びが便利であることが挙げられます。また幅広い価格帯があることもメリットとなります。贈る側の予算に合わせて選べることができること、金額などに応じて贈り分けが簡単にできることなども大きな魅力となっています。

気をつけて!カタログギフトのデメリットとは?

カタログギフトのデメリットとして、便利である反面贈る側の気持ちが伝わりにくいことが挙げられます。プレゼントという認識が薄くなり、味気ないと思う人もいるかもしれません。次に贈られる側が申し込みを行う必要があるため手間がかかること、先延ばしにしているうちに申込期限が過ぎてしまったというデメリットもあります。またカタログギフトのシステムに不慣れな人がいることも考慮する必要があります。。

さらにカタログを見て注文するので、実際の商品とのギャップが生じることも注意すべき点です。そしてカタログギフトでは、商品の価格に配送料や化粧箱などのシステム料がプラスされている場合がほとんどです。そのため実際の商品価格よりも割高になっていることもデメリットといえるでしょう。

カタログギフトとは、受け取った側がカタログの中から任意のものを選べるシステムです。内容としては、生活雑貨などの日用品や、アクセサリー、食料品、観光体験など多種多様です。