内祝いで喜ばれるカタログギフトってなに?

内祝いの選び方や作法

内祝いをお返しするときには相手が喜ぶものを選びたいものですが、マナーとして避けたほうがいいものもあります。切れるを連想する刃物は避けた方がいいものの1つですし、目上の方に対しては現金や金券のほか、肌着や靴下などの直接肌に身につけるものもやめておきましょう。何を贈ろうか迷ったときには、もらった側が品物を選べるカタログギフトがおすすめです。

カタログギフトとは?

カタログには何点もの商品が載っており、内祝いを受け取った側が気に入ったものを選ぶことができます。自分で好きなものを選べるというメリットがありますし、贈る側も相手ごとに金額を変えられるメリットがあります。いい事だらけのカタログギフトですが、デメリットとしては贈られた側の希望する品物がないかもしれないことと、先方が自分で申し込んで受け取る手間がかかることが挙げられます。

喜んでもらえるカタログギフトを上手に利用

カタログギフトを扱っている会社は何社もありますし、載っている品物の数も少ないものから多いものまで自由に選べます。もらった相手が気に入る品物が載っていないかもしれないと心配になる場合には、品数ができるだけ多いカタログギフトを選んで贈りましょう。いくつかの種類の中から特に人気が高いギフトを選んでおけば間違いないでしょう。初めて受け取った方は利用の仕方がわからないかもしれませんから、内祝いとしてお返しするときに、お礼の手紙とともにカタログギフトの使い方や、期限があることなどを書き添えておくといいでしょう。

内祝いとは、結婚、出産、新築・引っ越しなどのお祝いを頂いた際に、お返しとして贈る物のことです。それぞれのシーンやマナーに合わせて品を選び、感謝の気持ちを込めてお返ししましょう。